ANKERの便利すぎるUSB Type-Cハブを買った話!Anker PowerExpand+ 7-in-1 レビュー

パソコン雑貨

こんにちはゲーミングデバイス大好きタオルまるです。

今回は「iPad」や「ノートパソコン」、「ゲーミングノート」にも便利な最強USBハブを購入したのでどのくらい便利かお話していこうと思います。

今回買ってよかったUSBハブは「iPad用」として購入したもので、かなり気に入って便利なのでぜひこの記事を見てくれた皆様におすすめしておきます

今回の動画は「USBハブ」を検討していて、「格安のUSBハブ」と「有名メーカーのUSBハブ」を悩んでいる人に向けた記事でとりあえずこのANKER製のUSBハブを買っておけば間違いはないとおすすめする記事になっています。

製品の特長

まずは製品の特長を紹介していきます。(まあ、この画像がほぼ全てです)

  • 圧倒的な高評価な製品
  • 欲しいポートが全部ある全部入り製品
  • 充電しながらUSBハブが使える

ポート詳細(全部で7つ)

  • 「USB3.0ポート」が2つ。
  • 有線のインターネットが接続できる「イーサネット(Ethernet)」。
  • 接続したガジェットに給電する「PDポート」(ここに電源に繋いだType-Cを差せば充電できます)
  • 「SDカード」、「microSDカード」
  • モニター出力できる「HDMIポート」

製品紹介(外観)

それでは実際の外観を見ながら紹介していきます。

USBハブ表面

マットなブラックでめちゃくちゃ高級感があります。質感もマットで汚れや指紋が目立ちにくい材質なのはGOODポイントです。

USBハブ裏面

裏面はこんな感じです。製品名や色々書かれています。裏面は少しさらさらした材質になってますが、カラーは表面と同じで違いはありません。

USBハブサイドポート

「USB3.0」が二口、側面にあります。

USBハブサイドポート2

逆側は盛沢山!

左から「HDMIポート」、「SDカード」、「microSDカード」、「充電用PDポート(type-c)」があります。

イーサネットポート

インターネットを優先で接続する「イーサネットポート」もあります。これのおかげで「iPad」でも有線接続が可能になっております。「iPad」に優先は必要ありませんがw

USBハブケーブル

接続用のケーブルはType-Cケーブルで「パソコン」でも「iPad」でも簡単に接続可能です

購入してわかったこと

購入して気付いたことを紹介していきます。

GOODポイント

まずは良いところから紹介していきます。

ANKER製という安心

こういう製品は「Amazon」で数多く、ホントに選ぶのが難しいくらい種類があって3000円台で機能満載の製品もありますが、安物買いの銭失いを形にした製品が多く、数千円をケチったためにパソコンやタブレットが故障したという話もよく聞きます。

「ANKER」という有名なメーカーならそういった面でも安心して使用することができます。安心を買いましょう。

製品の品質が素晴らしい

この製品は6000円ほどと少しお値段は高いですが、製品の質感はそれ以上で高級感あるグレーのデバイスで指紋や傷は付きにくくなっています。

当たり外れが大きい格安メーカーとは違う高い品質がここにあります

これ一つあれば何でもできる

「USBポート」も2種類あって、「HDMI」、「イーサネット」、「SDカード」などなど使いたいポートはすべてついているのでこれ一つ持っていればどんな状況にも対応可能です。

「パソコン」や「iPad」を所有している人は一家に一台は必須といえるデバイスなのかもしれません。

BADポイント

今度は使用してみて感じた「いまいちポイント」を紹介していきます。

良いところとイマイチなところは必ず紹介する筆者ですが、このデバイスは大きなデメリットはなかったです。小デメリットくらいですww

発熱が少し、、、

iPadを「PD充電」をしながら「USBポート」を使用してキーボードでタイピングしていると30分くらい使った後に触るとUSBハブが結構熱を持っていることが多いです

持てないほどではないですが、結構熱いです。

androidスマホでHDMI出力が動作しない

「iPad」や「パソコン用」なのでしょうがないかもしれませんが、筆者のスマホ(Xiaomi mi 11 lite)ではHDMIを使用してのディスプレイ出力は反応しませんでした。

ちなみに「SDカード」や「USBポート」は問題なくスマホでも使えました。

アンドロイドスマホを大画面で使いたかった。

充電には高出力のアダプタが必要

「PDポート給電用」のケーブルを差して出力が弱い充電器の場合は充電ができないことが多いです。

「ANKERのUSBハブ」の給電に(使ってなくても)12W取られるのでそれを考えた高出力の電源アダプタが必要です。

20Wとかのアダプタなら出力が低すぎて充電扱いにほぼなりません。

結論 USB Type-Cハブは一家に一台だね。

いかがでしたでしょうか?

結論としてはこのANKERのAnker PowerExpand+ 7-in-1はマジで一家に一台のおすすめ製品でパソコンやiPadを持っている人には必須といえる製品だと思います。

これからもこの製品、使いまくってブログやYouTubeで動画を作るクリエイティブ作業にも使っていこうと思います。

筆者は普段ブログ以外でもYouTubeでゲーミングキーボードやゲーミングノートについていろいろ情報発信しています。もし興味があればチェックしてくれたらうれしいです。

それでは最後まで見てくれてありがとうございました。

【2022年決定版】とりあえずこれを見てからゲーミングノートを買いなさい。ドスパラのおすすめコスパ最強機紹介!後悔しない選び方特集!フォートナイト、APEXはこれでええ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました