青軸は買うな!!初心者にはおすすめできないゲーミングキーボードのキースイッチ!!

未分類

こんにちは。ゲーミングデバイス大好きタオルまるです。

今回の記事はゲーミングキーボードを初めて購入する人に青軸を買うのをやめておけという理由を紹介する記事になります。

  • 今回の記事
  •       ゲーミングキーボードを購入しようとしている人
  •       青軸に興味がある人
  •       青軸ってなんだよって思っている人

そんな人におすすめな記事になっています。ブログ以外にもYouTubeでもゲーミングデバイスのレビューなどを紹介しているのでよかったらチェックしてみてください。今回の[青軸を買うな!]も動画で紹介しているのでぜひ見てみてください。

「完全保存版」青軸は買わない方がいい理由!!ゲーミングキーボードでやめておいた方がいい理由を紹介します。赤軸や銀軸の方がおすすめです!!フォートナイトやAPEXなどでボイスチャットをしている人は特に!

青軸を簡単に説明

「青軸」とはメカニカルキーボードのキースイッチの種類のことでキーボードのパーツの中で一番大事なところです。

有名なキースイッチは[クリック感のない赤軸][カチカチとクリック感のある青軸][赤軸と青軸の中間くらいとよく言われる茶軸][ゲーム特化で高速動作が可能な銀軸]この4つが有名な軸の種類です。

「青軸」のキースイッチはカチカチとクリック感、クリック音が発生する【THEメカニカルキーボード】のようなキースイッチです。打鍵感がかなり気持ちが良く楽しいキーボードですが、おすすめできない理由が結構あります。

キースイッチはキーボードのタイピング感やゲーム時の勝率にも影響するので慎重に選びましょう。

青軸がおすすめできない理由

キーボードを買う人に「青軸」をおすすめできない理由を紹介します。

タイピング音が大きい

「青軸」は知っている人は多いんですが、キーボードのクリック音がカチカチと鳴ります。正直かなり気持ちがいいクリック感なんですが、これが結構うるさくて同じ部屋や近くに人がいればうるさいと感じます。

ボイスチャットをしながらゲームをする人は「青軸」は音がボイチャに入って迷惑になるので注意が必要です。

筆者の初めてのメカニカルキーボードは「青軸」のタイピングの打ち心地がかなり気持ちよくて青軸を即ポチって家で使っていたのですが、数日でうるさいから使用禁止になって「赤軸」を買いなおした過去があります。使っている本人はあまり気にならないですw

押加圧が重くて疲れる

クリック感のない「赤軸」は押加圧(キーを押す力)が45gほどですが、「青軸」は60gとキーボードを押す力が重めです。少しキーボードを触るくらいなら気にならないのですが、作業やゲームで使っていると押加圧が重くて手が疲れてきます。

長時間のゲームや作業をする可能性がある人は「青軸」はおすすめできません。

他のキースイッチにはない青軸のメリット

「青軸」はキーボードを買うときにおすすめできないキースイッチですが、個人的にはクリック感のある「青軸」は大好きです。他のキースイッチにはない「青軸」独自のメリットももちろんあります。

気持ちよすぎる打鍵音

カチカチと音がうるさいクリック感ですが、使っている本人はかなり気持ちが良く楽しい打鍵感です。メカニカルキーボードらしいカチカチとするクリック音がすばらしい

筆者は現在はRAZERのBlackwidow Eliteグリーン軸(razerの青軸)を気に入って使っていますが、かなり気持ちがいい使用感です。この使用感にハマった人は他のキーボードでは満足できなくなる可能性が高いです。

ミスタイプが減る

「青軸」はキーを押し込んだ時にしっかりとしたクリック感があり、クリック感や押加圧のおかげでタイピングはやりやすくミスタイプが減ります。

「赤軸」や「銀軸」はクリック感もなく押加圧も少ないので疲れにくいですが、タイピングが苦手な人や慣れるまではキーを押したはずなのに押せていない(故障ではない)ことがあります。筆者も初めて「赤軸」を使った時はミスタイプが増えていました。まあ、数日使っていたら慣れてかなりミスタイプも減りました。

まあ、結局キースイッチは好み

「青軸]のキースイッチについて色々紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?この記事を最後まで見てもまだ「青軸」が欲しい気持ちが薄れていない人は「青軸」を買った方がいいと思います。少しでも不安に思ってしまった人は他のキースイッチを買った方がいいのでキーボードを選びなおしましょう。

ちなみに「青軸」はおすすめできないといっていますが、プロゲーマーでも「青軸」が好きでそれでゲームをプレイしたり実況したりする人もいます。

そして、購入を検討している人は是非1度実際にキーボードを触って感触を確かめてみましょう。

いろいろ言っていますが結局は個人の好みが全てなので、、、w

筆者が持っている青軸のキーボード紹介

最後に筆者が現在持っている「青軸」のキーボードを紹介します。

E元素メカニカルキーボード

E元素という中国製の格安ゲーミングキーボードです。5000円以下とかなり格安なキーボードですが、結構評判が良くて「青軸」を初めて購入するなら結構おすすめです。予備のキースイッチが付いていて、キーの反応が悪くなっても交換が簡単にできるのも良いポイントです。キーの交換方法はYouTubeで紹介しているのでもし交換方法が知りたい人は見てください。

【完全保存版】反応が悪いキースイッチ交換手順紹介!E元素の安いゲーミングキーボード赤軸のキースイッチを交換する方法を教えます。かんたんです。

RAZER Blackwidow Elite

RAZERの独自の「グリーン軸」を採用しているモデルで「青軸」相当のクリック感のあるキースイッチです。

RAZERで1番人気なメカニカルキーボードのシリーズのフラッグシップモデルでかなり質感が高く気に入っています。フルサイズでパームレストが付いていて、メディアコントロールキーもあって機能面は充実しています。

以上の2つが現在持っている「青軸」のキーボードです。他にも「青軸」ではありませんが、クリック感のあるキーボードはRAZERのORNATA chromaやHuntsmanシリーズなど結構持っています。「青軸」をおすすめできないと紹介しましたが、個人的には嫌いではなくてむしろ大好物です。

最後まで見てくれてありがとうございました。ブログ以外でもYouTubeでもゲーミングデバイスの特にゲーミングキーボードの紹介動画を配信しているので良かったらチェックしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました